キリスト教用語聖書史上重要な聖書訳、特筆すべき聖書訳、現代社会で使用されている聖書訳などを掲載中です。当初「キリスト教用語」のページにて説明していましたが、項目数が増加、説明も限られたスペースでは限界があること。さらには時系列把握を容易ならしめるため、等々の理由により今回独立ページを設定し説明させていただくことと致しました。なお、目次には言葉の重複を避け、「○○聖書」の「聖書」ということばは原則として略しております。
新国際版包括用語版
(NIVI--the New International Version Inclusive Language Edition)
   
新国際版包括用語版は新国際版の包括用語(性差のない語--たとえば男女を総称するbrothersをbrothers and sitersと表現するなど--)版です。1996年ロンドンで出版され(出版社Hodder and Stoughton)で、発売は連合王国(英国)のみに限定されました。

1997年、ワールド・マガジン(World Magazine)の記事がNIVIは福音主義教会における男女同権主義者の教唆に過ぎないと非難した結果、福音主義筋の抗議に発展しました。多くの福音主義者がNIVIを擁護しましたが、米国の福音系聖書出版社であるZondervanは米国では刊行しない旨表明しました。

(参照文献:Wikipedia英語版last modified on 28 July 2009 at 10:32)
  
 
BACK HOME