キリスト教用語聖書史上重要な聖書訳、特筆すべき聖書訳、現代社会で使用されている聖書訳などを掲載中です。当初「キリスト教用語」のページにて説明していましたが、項目数が増加、説明も限られたスペースでは限界があること。さらには時系列把握を容易ならしめるため、等々の理由により今回独立ページを設定し説明させていただくことと致しました。なお、目次には言葉の重複を避け、「○○聖書」の「聖書」ということばは原則として略しております。
新約聖書 共同訳
(the New Interconfessional Translation)
 
世界的なエキュメニズム(キリスト教の教会一致運動)の流れを受けて、各国でカトリックとプロテスタントが共同で翻訳作業を行う流れが出来ましたが、日本でも1975年に「ルカスによる福音」が、そして1978年に新約聖書全体が「新約聖書 共同訳」として日本聖書協会から出版されました。これが「共同訳聖書」と呼ばれるものです。しかし固有名詞の原音表記や翻訳上の問題などの理由によりあまり評価されませんでした。(一例としてたとえばカトリックで「イエズス」、プロテスタントで「イエス」と表記されていたものが「イエスス」と表記するなど。) そこで、旧訳聖書の完成を待つことなく、あらためて作り直された翻訳が新共同訳聖書です。なお、共同訳聖書は部分訳のみで終了したのですが、カトリックとプロテスタントが共同して翻訳作業にあたったという意義は大きく、また新共同訳聖書の出発点となった意義もきわめて大きいものがあると思われます。(Wikipedia日本語版 共同訳聖書:日本の共同訳聖書
最終更新 2009年7月5日 (日) 21:25 より抜粋、一部加除) 
  
 
BACK HOME