キリスト教用語聖書史上重要な聖書訳、特筆すべき聖書訳、現代社会で使用されている聖書訳などを掲載中です。当初「キリスト教用語」のページにて説明していましたが、項目数が増加、説明も限られたスペースでは限界があること。さらには時系列把握を容易ならしめるため、等々の理由により今回独立ページを設定し説明させていただくことと致しました。なお、目次には言葉の重複を避け、「○○聖書」の「聖書」ということばは原則として略しております。
ベーシック英語聖書
BBE--the Bible In Basic English
   
ベーシック英語(Basic English)訳でロンドン大学のフック教授(S.H.Hooke)が850語のベーシック単語と詩文を理解するために役立つ100語および聖書単語50語を使用、オグデンのオーソロジカル研究所(Orthological Institute)と共働、ヘブル語・ギリシャ語を原典とする聖書の新しい英語形式による翻訳に携わりました。新約聖書が1941年に、旧約聖書が1949年に発行されました。発行はケンブリッジ大出版局です。

ベーシック英語は英国の言語学者・心理学者のチャールズ・ケイ・オグデン(Charles Kay Ogden)により創案されたもので850の語彙からなるシンプルな英語により、通常英語で表現されるものをすべて表わそうとするものです。

なお、この聖書訳は原語の意味が立体的に浮彫して理解できるよう、聖句ごとに代表的な26の英語訳を対比(parallel)表示するザ・ワード(THE WORD-The Bible from 26 Translations)にも選ばれている訳の一つです。

ベーシック英語聖書オンラインサイト
http://www.o-bible.com/bbe.html

(参照文献:Wikipedia英語版last modified on 28 July 2009 at 09:25)
(参照文献:innvista "The Basic Bible")
  
 
BACK HOME