聖書訳の意訳と直訳について

インターネット上のWikipedia英語版:"Dynamic and formal equivalence"に格好の説明がありますのでこれを翻訳させていただきます。

意訳(dynamic equivalence-動的等価)と直訳(formal equivalence-形式等価)は翻訳にあたっての二つの手法です。

意訳(または機能訳--functional equivalence)は翻訳元のテキスト(本文)に表現される概念、考えや思いを(もし必要とあれば本来の字義や語順や文法の態(能動態や受動態)などを犠牲にしてまでも)伝えようとします。

一方直訳においては、(もし必要ならば翻訳先、たとえば英語を日本語に訳す場合には日本語の、ごく自然な、あるいは通常的な表現を犠牲にしてまでも) 逐語訳にしようとします。 

二つの手法はそれぞれの翻訳元の本文を読みやすさで選ぶのか、あるいはあくまでも字義通り忠実に訳するかのいずれかに力点を置くというわけです。 しかし、実際問題として、両者の間に明確な境界線はありません。 大まかに言って、この両者は翻訳手法のスペクトル(変化領域)の問題です。 意訳と直訳という言葉は言語学者のユージン・A.ニダ(Eugene A. Nida)の定義によるもので、もともとは聖書を翻訳する手法を説明するために考え出されましたが、聖書以外の翻訳にも適用が可能です。


理論と実際:

意訳がより自然な訳にするために翻訳元の字義に固執することを回避します。 時には、翻訳文の読みやすさが翻訳元の原義を保持するよりも重要である場合に使用されます。 たとえば小説などでは読みやすさが必要なため意訳が進んで使用されることとなります。 一方、折衝面においては正確な字義が最重要なため、直訳が採用されます。(訳者注:余談ですが、貿易面で使用される海上保険約款は英国のロイズ海上保険約款が世界共通で使用されます。 300年の時の試練に耐えて今日に至っているのですが、約款の修正は紙片のつぎはぎで行われています。 とても不思議なことですが、約款の一字一句に判例の裏付けがあるからです。)

一方の言語が持つ字義に対してもう一方の言語に対応するものがない場合には完全明瞭な直訳は不可能となります。 このような場合には、なんとかその字義を伝えるために意訳、または新造語あるいは新しい表現が考え出され、ときとして翻訳元言語からの言葉がそのまま借用されることとなります。

翻訳元言語と翻訳先の言語の字義が相違すればするほど、直訳文を理解することは一層困難になります。 他方、直訳の場合には、ときとして読者が翻訳先言語の意味がどのように本文に表現されるのか、あるいは未訳の慣用句を保持しているかについて興味をもったり、あるいはへブル語聖書における交差対句法のような修辞的技巧や言い回しを見て、翻訳元言語に親しむことを可能にしたりもします。

注:聖書訳に利用される意訳についての概念
言語学者ユージン・A.ニダ(Eugene A. Nida)により提唱されたものです。 聖書の訳者は英語に翻訳するにあたって、極端な直訳から極端な意訳の領域のはざまでいろいろな手法を採り上げてきました。

○主な直訳聖書(formal equivalence) 
下記聖書訳をご覧になりこのページに戻る場合はブラウザの「戻る」ボタンをご利用ください。

  American Standard Version of 1901--アメリカ標準訳1901
  New American Standard Bible--新アメリカ標準聖書
  King James Version--ジェイムズ王欽定訳
  New King James Version--新ジェイムズ王欽定訳
  English Standard Version--イングリッシュ・スタンダード
  Revised Standard Version--改定標準訳(米国)
  New Revised Standard Version--新改訂標準訳(米国)
  Douay-Rheims American Version--ドゥエ・ランス聖書アメリカ版
  Green's Literal Translation--グリーン逐語訳


○主な直訳・意訳のバランス訳聖書(a balance between dynamic and formal equivalence)
下記聖書訳をご覧になりこのページに戻る場合はブラウザの「戻る」ボタンをご利用ください。

  New International Version--新国際訳
  Today's New International Version--トゥデイズ・ニュー・インターナショナル
  Holman Christian Standard Bible called "optimal" equivalence--ホルマン・クリスチャン・スタンダード・バイブル
  New American Bible--新アメリカ聖書
  New English Translation--ネットバイブル
  Murdock's Translation--マードック訳
  Modern Language Bible--現代語聖書


○意訳を大幅に使用した主な聖書(extensive use of dynamic equivalence)
下記聖書訳をご覧になりこのページに戻る場合はブラウザの「戻る」ボタンをご利用ください。
  New Jerusalem Bible--新エルサレム聖書(英語訳)
  Revised English Bible--改訂英訳(英国)
  Good News Bible (formerly "Today's English Version")--グッドニューズ・バイブル
  Complete Jewish Bible--コンプリート・ジューイッシュ・バイブル
  New Living Translation--ニュー・リビング訳
  The Living Bible--リビング・バイブル
  Phillips Modern English--フィリップ現代英語訳
  The Message (a paraphrase) --メッセージ(バイブル)


 
BACK HOME