キリスト教用語聖書史上重要な聖書訳、特筆すべき聖書訳、現代社会で使用されている聖書訳などを掲載中です。当初「キリスト教用語」のページにて説明していましたが、項目数が増加、説明も限られたスペースでは限界があること。さらには時系列把握を容易ならしめるため、等々の理由により今回独立ページを設定し説明させていただくことと致しました。なお、目次には言葉の重複を避け、「○○聖書」の「聖書」ということばは原則として略しております。
岩波委員会訳
1995-2004
旧約聖書翻訳委員会および新約聖書翻訳委員会により、翻訳され、岩波書店から出版された聖書訳(学者の共同作業による翻訳)。各書ごとに翻訳者の名前が明らかにされています。訳文の中で別の訳文の可能性について言及した注を豊富に持ちますが旧約聖書の配列は律法、預言者(歴史書を含む)、諸書というヘブル語聖書の配列になっています。分冊版と合本版があり、後者は注釈、用語解説、図版等はかなり削られています。
(参照文献:Wikipedia「岩波訳聖書」最終更新 2011年5月21日 (土) 11:22) 
 
BACK HOME