キリスト教用語聖書史上重要な聖書訳、特筆すべき聖書訳、現代社会で使用されている聖書訳などを掲載中です。当初「キリスト教用語」のページにて説明していましたが、項目数が増加、説明も限られたスペースでは限界があること。さらには時系列把握を容易ならしめるため、等々の理由により今回独立ページを設定し説明させていただくことと致しました。なお、目次には言葉の重複を避け、「○○聖書」の「聖書」ということばは原則として略しております。
口語訳聖書
Colloquial Japanese
(日本聖書協会)
   
新旧訳聖書の明治元訳(めいじげんやく)、新約聖書の大正改訳は文語体でしたが、第二次世界大戦の終結とともに、口語体による聖書が求められるようになり、いろいろな口語訳がなされましたがプロテスタント系では日本聖書協会が昭和29年(1954)に口語体による新約聖書を、翌年には旧訳聖書を出版し広く普及しました。現在、カトリック教会、日本キリスト教団、ルーテル諸教会などは新共同訳聖書に移行中ですが現在もこの口語訳聖書を使用中の教会もあり、日本聖書協会でもこれを取扱中です。口語訳にはこれまで親しんだ語句・表現や良さもあるとして新共同訳聖書と対比して読まれる方もいらっしゃるようです。

ただし、反面

口語訳新約聖書は米国の改訂標準訳(RSV)に倣ったために信頼のおける翻訳という評価もありますが文体については悪評が相次ぎ、特に人称代名詞と敬語を単純化して統一したために、日本語として不自然なところが多い上、漢字制限に忠実であったために平仮名での表記が多く、とりわけ、人々が聖書に対して抱いていた荘重さや格式の高さが失われてしまったと非難されました。

さらに、翻訳方針が、やや自由主義神学的であったことから、福音派を中心に、神やキリストの権威を弱めているという不満が起こったことと、しばしば見られる「であろう」という表現は曖昧であるという批判や、このリベラルな傾向は上記改訂標準訳聖書(RSV)に追随するものだという批判などもあり、福音派では、これと決別、独自の翻訳である「新改訳聖書」を生み出すこととなりました。

翻訳比較の一例

ヨハネによる福音書1章1〜3節
日本聖書協会「口語訳聖書」
1:1 初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。
1:2 この言は初めに神と共にあった。
1:3 すべてのものは、これによってできた。できたもののうち、一つとしてこれによらないものはなかった。

日本聖書刊行会「新改訳聖書」
1:1 初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。
1:2 この方は、初めに神とともにおられた。
1:3 すべてのものは、この方によって造られた。造られたもので、この方によらずにできたものは一つもない。
  

(参考文献:ウィキペディア「最終更新 2011年5月15日 (日) 」)
 
BACK HOME