キリスト教用語聖書史上重要な聖書訳、特筆すべき聖書訳、現代社会で使用されている聖書訳などを掲載中です。当初「キリスト教用語」のページにて説明していましたが、項目数が増加、説明も限られたスペースでは限界があること。さらには時系列把握を容易ならしめるため、等々の理由により今回独立ページを設定し説明させていただくことと致しました。なお、目次には言葉の重複を避け、「○○聖書」の「聖書」ということばは原則として略しております。
ESVスタディ・バイブル
(ESV Study Bible)

757,000語からなる聖書本体(ESV—English Standard Version)に加えて、
110万語からなる注解・注釈、地図、チャート、イラスト、年表などを含み、総ページ数2750ページからなる広汎なスタディ・バイブル(学習・研究用聖書)です。
93名の福音主義学者及び教職により構成されたチームにより編纂され、初版は2008年10月15日。米国Crossway Biblesにより発行された比較的新しいスタディ・バイブルです。
2009年にECPA Christian Book Award(福音主義キリスト教書籍協会賞)を獲得しましたが、スタディ・バイブルとしては初の受賞でした。聖書の学習・研究ソフトとして定評のある米国の聖書ソフト、BibleWorks9にもオプションとして採用されています。

参照文献:
○Wikipedia “ESV Study Bible” last modified on 3 April 2013 at 07:06
ESV STUDY BIBLE
 
BACK HOME