キリスト教用語聖書史上重要な聖書訳、特筆すべき聖書訳、現代社会で使用されている聖書訳などを掲載中です。当初「キリスト教用語」のページにて説明していましたが、項目数が増加、説明も限られたスペースでは限界があること。さらには時系列把握を容易ならしめるため、等々の理由により今回独立ページを設定し説明させていただくことと致しました。なお、目次には言葉の重複を避け、「○○聖書」の「聖書」ということばは原則として略しております。
ジ・エイヴイ7・バイブル
(現代英語新欽定訳)
The AV7 Bible
(The New Authorized Version in Present-Day English)


  
この聖書は2006年に発行された新約聖書訳で若干の旧約聖書の部分を含んでいます。版権は新欽定訳財団が所有し、「AV7」の略称で知られています。

「AV7」の序文には現在刊行されている非常に多くの異なった訳は説明のための言い回しを使用していますが、それは「神の言葉」の真にして十分な意味を希薄化したり、縮小したり、あるいは取り違えたりする結果となっています。しかし「AV7」はそうではありません。この訳は営利面からの支援あるいは個々人または翻訳委員会訳の所産でもありません。「AV7」は実に300年以上もの時の試練に耐え広く受け入れられたきた伝統的な英語訳の現代最新訳で、文字通り聖書の正確な最新訳なのです。

「特徴と利点」と称される巻末部分にはコンピューターにより生成され、ギリシャ語およびヘブル語原典からの直接の当価値逐語訳を実現できる自動システムにより、編纂された最新にして質の高い聖書訳である、と謳(うた)っています。

「AV7」は、当訳公式サイトによれば、初版は米国に点在する2800以上もの "Dollar Tree" ショップ(注:いわゆる100円ショップアメリカ版)を通じて、2006年4月より頒布されました。この聖書訳は比較的あたらしいため、2006年秋現在ではさして多くの情報や批評がネット上に見つけることはできません。なお、「AV7」とは無関係の、別称「新欽定訳」であるサード・ミレニアム・バイブルと混同しないようにしてください。

「AV7」公式サイト http://www.av7.org/

(出典:Wikipedia "The New Authorized Version" last modified on 18 October 2009 at 15:56)
 
BACK HOME