パソコンFAQ
最近のWindows7パソコンは64ビットが主流となってきているようですがなぜですか。

Windowsがサポートする64ビットの最大の利点は搭載メモリー量です。64ビットにより、より大きなファイルがより高速に動作しますのでユーザーには大きな恩恵を受けることができます。このことから64ビットが今後とも主流となって行くものと思われます。

因みに32ビットの最大搭載可能量は4ギガバイトですが、一部がシステム領域に割り当てられますので、3ギガバイト強しか利用できません。 これに対して、Windows7 64ビットがサポートする物理メモリーは以下のように飛躍的に大きくなり、通常の個人ユーザーにはメモリーの制約を意識しなくても良くなります。

          Windows7 Home Premium    16ギガバイト
          Windows7 Professional以上  192ギガバイト

ただし、パソコンのメーカーによっては必ずしもこの最大量まで搭載することができない場合があり、さらにCPU(中央演算子)の仕様による制限やハードウェア/チップセットによる制限などもありますので念のため。

なお、これまでのWindowsXPの32ビット用プログラムですが、WOW64(Windows on Windows64)という仕組みにより基本的には動作可能です。万一動作しない場合は互換モードまたはWindowsXPモードと呼ばれる仮想モードで動作可能となる場合が大半ですので、試してみてください。 ただし、ドライバーに関しては別途64ビット用のものが必要ですのでご注意ください。
BACK HOME