パソコンFAQ
ハードウェアの安全な取り外し」常駐アイコンが表示されなくなりました。

Windows XPで上記常駐アイコンが通知領域に表示されないため、USBクリップや外付けハードディスクの取り外しがパソコンの起動中これを行うことができず(いわゆるホットプラグ-hotplugが効かない)、都度、終了してから取り外す余分な手間が生じることとなったというものです。

起動時に読み込まれる常駐アイコンの量や場所によっては登録がタイムアウトされて、表示できないトラブルが発生することがあり、この「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンなどは影響を受けることがあるようです。

念のため、

タスクバーの上で右クリックし、表示された「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」から「タスクバー」のタブをクリックし、下部にある「カスタマイズ(C)」のボタンをクリック、通知のカスタマイズで「ハードウェアの安全な取り外し」をクリックします。もし、ここが「常に非表示」となっているようであれば「常に表示」を選び「OK」ボタンをクリックして窓を閉じてください。再起動し、表示を確認してください。

これで、だめであれば、ほんとうはWindowsの設定情報であるレジストリーを修正することが一番ですが、レジストリーの操作はかなり危険ですので、とりあえず、以下を試してみてください。(今回のお問い合わせはこれで解決しました。)

1.デスクトップの「スタート」ボタンをクリック。

2.「ファイル名を指定して実行」をクリックし、「名前」欄に以下を入力し、[OK]ボタンをクリック。

rundll32 shell32.dll,Control_RunDLL hotplug.dll

以上により、「ハードウェアの安全な取り外し」の画面が表示されるはずです。

なお、これで解決できな場合は管理者あてご連絡ください。
BACK HOME