主日礼拝のご案内

当教会は、プロテスタント信仰のキリスト教会です。
統一協会、モルモン教、エホバの証人とは、一切関係ありません。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

お見えになるときは、十字架の教会堂の階段をお上がりになるか、
階段に向かって左奥のエレベータをご利用ください。

"神を信じ、未来を信じ、希望を抱き歩む共同体"
  
神はお造りになったすべてのものを御覧になった。
見よ、それは極めて良かった。夕べがあり、朝があった。
   《新共同訳聖書 創世記1章31節》 
 

               (c)共同訳聖書実行委員会  (c)日本聖書協会 
  
 
     
 
   2017年7月30日(日)  午前10時30分
   聖霊降臨節第9主日礼拝 
   新共同訳聖書 ローマの信徒への手紙9章19〜28節
   宣教 「怒りの器から憐みの器へ」      
         日本キリスト教団西神戸教会   
  尾堂拓哉牧師       
 
讃美歌21-149 「わがたまたたえよ」 讃美歌21-540 「主イェスにより」 讃美歌21-560 「主イェスにおいては」
 交読詩編  45 編 
             
新共同訳聖書:  ローマの信徒への手紙9章19〜28節

◆神の怒りと憐れみ
ところで、あなたは言うでしょう。「ではなぜ、神はなおも人を責められるのだろうか。だれが神の御心に逆らうことができようか」と。 人よ、神に口答えするとは、あなたは何者か。造られた物が造った者に、「どうしてわたしをこのように造ったのか」と言えるでしょうか。 焼き物師は同じ粘土から、一つを貴いことに用いる器に、一つを貴くないことに用いる器に造る権限があるのではないか。 神はその怒りを示し、その力を知らせようとしておられたが、怒りの器として滅びることになっていた者たちを寛大な心で耐え忍ばれたとすれば、 それも、憐れみの器として栄光を与えようと準備しておられた者たちに、御自分の豊かな栄光をお示しになるためであったとすれば、どうでしょう。 神はわたしたちを憐れみの器として、ユダヤ人からだけでなく、異邦人の中からも召し出してくださいました。 ホセアの書にも、次のように述べられています。「わたしは、自分の民でない者をわたしの民と呼び、愛されなかった者を愛された者と呼ぶ。 『あなたたちは、わたしの民ではない』と言われたその場所で、彼らは生ける神の子らと呼ばれる。」 また、イザヤはイスラエルについて、叫んでいます。「たとえイスラエルの子らの数が海辺の砂のようであっても、残りの者が救われる。 主は地上において完全に、しかも速やかに、言われたことを行われる。」

                                (c)共同訳聖書実行委員会:(c)日本聖書協会
        交読詩編 45 編 
 (c)共同訳聖書実行委員会
   (c)日本聖書協会
(司式者は朱記表示、会衆は黒表示、司式者と会衆がともに拝読する箇所は黒のブロック表示としています。) 

   【指揮者によって。「ゆり」に合わせて。コラの子の詩。マスキール。愛の歌。】

心に湧き出る美しい言葉
わたしの作る詩を、王の前で歌おう。

   わたしの舌を速やかに物書く人の筆として。

あなたは人の子らのだれよりも美しく
あなたの唇は優雅に語る。

   あなたはとこしえに神の祝福を受ける方。

勇士よ、腰に剣を帯びよ。
   それはあなたの栄えと輝き。
輝きを帯びて進め
真実と謙虚と正義を駆って。

   右の手があなたに恐るべき力をもたらすように。
あなたの矢は鋭く、王の敵のただ中に飛び
   諸国の民はあなたの足もとに倒れる。

神よ、あなたの王座は世々限りなく
あなたの王権の笏は公平の笏。


神に従うことを愛し、逆らうことを憎むあなたに
神、あなたの神は油を注がれた

   喜びの油を、あなたに結ばれた人々の前で。
あなたの衣はすべて
ミルラ、アロエ、シナモンの香りを放ち

   象牙の宮殿に響く弦の調べはあなたを祝う。
諸国の王女、あなたがめでる女たちの中から
   オフィルの金で身を飾った王妃が
   あなたの右に立てられる。

「娘よ、聞け。
   耳を傾けて聞き、
そしてよく見よ。
   あなたの民とあなたの父の家を忘れよ。
王はあなたの美しさを慕う。
   王はあなたの主。彼の前にひれ伏すがよい。
ティルスの娘よ、民の豪族は贈り物を携え
   あなたが顔を向けるのを待っている。」

王妃は栄光に輝き、進み入る。
   晴れ着は金糸の織り
   色糸の縫い取り。
彼女は王のもとに導かれて行く
   おとめらを伴い、多くの侍女を従えて。
彼女らは喜び躍りながら導かれて行き
   王の宮殿に進み入る。
あなたには父祖を継ぐ子らが生まれ
   あなたは彼らを立ててこの地の君とする。
わたしはあなたの名を代々に語り伝えよう。
諸国の民は世々限りなく
あなたに感謝をささげるであろう。

礼拝を正しく心よりお守りいただくために
BACKHOME