主日礼拝のご案内

当教会は、プロテスタント信仰のキリスト教会です。
統一協会、モルモン教、エホバの証人とは、一切関係ありません。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

お見えになるときは、十字架の教会堂の階段をお上がりになるか、
階段に向かって左奥のエレベータをご利用ください。

"神を信じ、未来を信じ、希望を抱き歩む共同体"
  
涙と共に種を蒔く人は
喜びの歌と共に刈り入れる。
   《新共同訳聖書 詩編126編5節》 
 

               (c)共同訳聖書実行委員会  (c)日本聖書協会 
  
 
     
 
   2017年11月26日(日)  午前10時30分
   降誕前第5主日礼拝 (収穫感謝合同礼拝--子どもの教会と合同)
   新共同訳聖書 申命記26章5〜11節 
  宣教 「収穫の恵み」      
         日本キリスト教団西神戸教会   
  尾堂拓哉牧師       
 
讃美歌21-060
「どんなにちいさいことりでも」
讃美歌21-386
「人は畑をよく耕し」
讃美歌21-490
「かみさまに感謝」
 交読詩編   編 
             
新共同訳聖書:  申命記26章5〜11節

あなたはあなたの神、主の前で次のように告白しなさい。「わたしの先祖は、滅びゆく一アラム人であり、わずかな人を伴ってエジプトに下り、そこに寄留しました。しかしそこで、強くて数の多い、大いなる国民になりました。 エジプト人はこのわたしたちを虐げ、苦しめ、重労働を課しました。 わたしたちが先祖の神、主に助けを求めると、主はわたしたちの声を聞き、わたしたちの受けた苦しみと労苦と虐げを御覧になり、 力ある御手と御腕を伸ばし、大いなる恐るべきこととしるしと奇跡をもってわたしたちをエジプトから導き出し、 この所に導き入れて乳と蜜の流れるこの土地を与えられました。 わたしは、主が与えられた地の実りの初物を、今、ここに持って参りました。」あなたはそれから、あなたの神、主の前にそれを供え、あなたの神、主の前にひれ伏し、 あなたの神、主があなたとあなたの家族に与えられたすべての賜物を、レビ人およびあなたの中に住んでいる寄留者と共に喜び祝いなさい。

                                (c)共同訳聖書実行委員会:(c)日本聖書協会
        交読詩編 編 
 (c)共同訳聖書実行委員会
   (c)日本聖書協会
(司式者は朱記表示、会衆は黒表示、司式者と会衆がともに拝読する箇所は黒のブロック表示としています。) 

【収穫感謝合同礼拝のため詩編の交読はありません】

礼拝を正しく心よりお守りいただくために
BACKHOME