主日礼拝のご案内

当教会は、プロテスタント信仰のキリスト教会です。
統一協会、モルモン教、エホバの証人とは、一切関係ありません。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

お見えになるときは、十字架の教会堂の階段をお上がりになるか、
階段に向かって左奥のエレベータをご利用ください。

"神の御心に応えて歩む愛の共同体ー一新たなる一歩"
  
ハレルヤ。
主の僕らよ、主を賛美せよ
主の御名を賛美せよ。
   《新共同訳聖書詩編113編1節》 
 

               (c)共同訳聖書実行委員会  (c)日本聖書協会 
  
 
     
 
   2017年1月22日(日)  午前10時30分
  降誕節第5主日礼拝
   新共同訳聖書 マタイによる福音書4章12〜17節
   宣教 「救いの光が近づいている」      
         日本キリスト教団西神戸教会   
  尾堂拓哉牧師     
 
讃美歌21-055
「人となりたる神のことば」」
讃美歌21-402
「いともとうとき」
讃美歌21-394
「信仰うけつぎ」
 交読詩編  20 編 
             
新共同訳聖書:  マタイによる福音書4章12〜17節

◆ガリラヤで伝道を始める
イエスは、ヨハネが捕らえられたと聞き、ガリラヤに退かれた。 そして、ナザレを離れ、ゼブルンとナフタリの地方にある湖畔の町カファルナウムに来て住まわれた。 それは、預言者イザヤを通して言われていたことが実現するためであった。 「ゼブルンの地とナフタリの地、湖沿いの道、ヨルダン川のかなたの地、異邦人のガリラヤ、 暗闇に住む民は大きな光を見、死の陰の地に住む者に光が射し込んだ。」 そのときから、イエスは、「悔い改めよ。天の国は近づいた」と言って、宣べ伝え始められた。

                                (c)共同訳聖書実行委員会:(c)日本聖書協会
        交読詩編 20 編  (司式者は朱記表示、会衆は黒表示、司式者と会衆がともに拝読する箇所は黒のブロック表示としています。) 
       指揮者によって。賛歌。ダビデの詩。

苦難の日に主があなたに答え
   
ヤコブの神の御名があなたを高く上げ
聖所から助けを遣わし
   
シオンからあなたを支えてくださるように。

あなたの供え物をことごとく心に留め
     あなたのささげるいけにえを快く受け入れ
あなたの心の願いをかなえ 
  あなたの計らいを実現させてくださるように。

我らがあなたの勝利に喜びの声をあげ
   我らの神の御名によって
   旗を掲げることができるように。
主が、あなたの求めるところを
   すべて実現させてくださるように。
今、わたしは知った
   
主は油注がれた方に勝利を授け
聖なる天から彼に答えて
   
右の御手による救いの力を示されることを。

戦車を誇る者もあり、
   馬を誇る者もあるが
我らは、我らの神、主の御名を唱える。

彼らは力を失って倒れるが
   
我らは力に満ちて立ち上がる。

主よ、王に勝利を与え
呼び求める我らに答えてください。

礼拝を正しく心よりお守りいただくために
BACKHOME