讃美歌21 7 ほめたたえよ、力強き主を
Lobe den Herren, den mächtigen König
作詞者Joachim Neander(1650-1680)はブレーメン大学で神学を学んだのち、ハイデルベルク、フランクフルトでも学業を修め、1674年から5年間、デュッセルドルフのグラマースクールの校長を務めました。近くには渓谷、洞窟、滝などの自然環境が豊かで、彼はよくここを逍遥しましたが彼の詞の多くはここで作られたといわれています。 同時に集会や礼拝を牧していました。19世紀の初頭にはこの中の大きな洞窟が、彼の名に因み、Neanderのドイツ語名でネアンダルタール(Neanderthal)洞窟と呼ばれましたが、1856年の夏、奇しくもそこで「ネアンダルタール人」の化石がみつかりました。1679年にネアンダーはブレーメンに引越し、聖マルティーニ教会の副牧師となりましたが、翌年疫病で天に召されました。

ほめたたえよ、力強(ちからつよ)(しゅ)を。
わが(こころ)よ、(いま)しも()さめて、
たてごと かきならしつつ
()をほめまつれ。

2
ほめたたえよ、(おう)なるみ(かみ)を。
ゆだねまつる わが()をはげまし、
みつばさ ()べたもう(しゅ)
みわざたぐいなし。

3
ほめたたえよ、(すく)いのみ(かみ)を。
そのみ()には (つね)(そな)えあり。
なやめる われを(みちび)
(めぐ)みかぎりなし。

4
ほめたたえよ、(めぐ)(ふか)(しゅ)を。
いのちの(あめ)(うえ)より(そそ)がれ、
つきせぬ そのいつくしみ
ここに(あら)れぬ。

5
ほめたたえよ、(ひかり)のみ(かみ)を。
()けるものよ、そのみ()たたえよ。
(めぐ)みを とわに(わす)れず、
(とも)(うた)え、アーメン。



Lobe den Herren, den mächtigen König der Ehren!
Meine geliebte Seele, das ist mein Begehren.
Kommet zu Hauf! Psalter und Harfe, wacht auf!
Lasset den Lobgesang hören!

Lobe den Herren, der alles so herrlich regieret,
Der dich auf Flügeln des Adelers sicher geführet,
Der dich erhält, wie es dir selber gefällt.
Hast du nicht dieses verspüret?

Lobe den Herren, der künstlich und fein dich bereitet,
Der dir Gesundheit verliehen, dich freundlich geleitet.
In wieviel Not hat dich der gnädige Gott
Über dir Flügel gebreitet.

Lobe den Herren, der deinen Stand sichtbar gesegnet,
Der aus dem Himmel mit Strömen der Liebe geregnet.
Denke daran, was der Allmächtige kann,
Der dir mit Liebe begegnet.

Lobe den Herren; was in mir ist, lobe den Namen.
Alles was Odem hat, lobe mit Abrahams Samen.
Er ist dein Licht; Seele, vergiß es ja nicht;
Lob ihn und schließe mit Amen!

                                                                    BACKHOME