讃美歌21 54 聖霊みちびく神のことばは
The Spirit breathes upon the Word
作詞者ウィリアム・クーパー(William Cowper1731-1800)は英国の詩人で、父はジョージ二世のチャプレンでした。弁護士を志しましたが法曹界には身を投じませんでした。英国南部のバッキンガムシャー州に住み、アメイジング・グレイス(Amazing Grace)の作者で彼の友人でもあるジョン・ニュートン(John Newton)と共にオーニー讃美歌集(Olney Hymns)を著しました。オーニー讃美歌集はもともと比較的貧しく、学歴に恵まれない信徒の多い地方教区で使用されるためのものでしたが、大変有名になり記録によれば1836年までに37版を重ね、その後も英国およびアメリカで版を重ねました。(参照文献:The Cyber Hymnalおよびフリー百科事典Wikipedia英語版)
1
聖霊(せいれい)みちびく (かみ)のことばは
まことと(おし)えの (ひかり)はなつ。

2
栄光輝(えいこうかがや)く (せい)なる(もの)は、
すべての時代(じだい)を ()らす(ひかり)

3
(めぐ)みは(ゆた)かに ()()のごとく
あまねく世界(せかい)の (うえ)にそそぐ。

4
(くら)()()らす み(かみ)知恵(ちえ)
()きざるよろこび ささげ(うた)わん。

5
(よろこ)びいさみて み(あし)のあとを
さかえの(あさ)まで たどりつづけん。
                                             
The Spirit breathes upon the Word,
And brings the truth to sight;
Precepts and promises afford
A sanctifying light.

A glory gilds the sacred page,
Majestic, like the sun:
It gives a light to ev'ry age;
It gives, but borrows none.

The Hand that gave it still supplies
The gracious light and heat:
His truths upon the nations rise;
They rise, but never set.

Let everlasting thanks be thine
For such a bright display
As makes a world of darkness shine
With beams of heav'nly day.

My soul rejoices to pursue
The steps of him I love.
Till glory break upon my view
In brighter worlds above.

 BACKHOME