讃美歌21 61 われらは信ず
16世紀はじめのドイツの讃美歌集にあるひとつで、タイトルにふさわしい重厚な曲です。歌詞のひとつ、ひとつと共に深く味わってみてください。
1
われらは(しん)ず (ちち)・み()聖霊(せいれい)
(ちから)により すべてを(つく)
(つね)にみちびく ひとりの(かみ)を。

2
われらは(しん)ず キリスト・イェスを。
(ひと)となりたる (かみ)のみことば
十字架(じゅうじか)()にて (すく)いを(たま)う。

3
われらは(しん)聖霊(せいれい)(かみ)を。
(かな)しむ(もの)を (ささ)(はげ)まし、
(なや)(もの)には 平和(へいわ)(たま)う。

4
われらは(しん)ず まごころこめて。
われらはたたえん (せい)なる(かみ)を、
天使(てんし)とともに とこしえまでも。
アーメン。

                        
         BACKHOME