讃美歌21 101 いのちとひかりたもう神よ    O Love Divine And Golden Hymn
作詞者モンセル(John S. B. Monsell)はアイルランドのロンドンデリーの副主教の息子として生まれ、ダブリンのトリニティカレッジに学びました。英国南部のサリーで教区牧師をつとめた後、ギルドフォードの聖ニコラス教会牧師となりましたが教会堂再築の折、誤って屋根から転落し、天に召されました。かれは生涯約300もの讃美歌を作詞しましたがこの讃美歌は彼の有名なもののひとつで結婚式の際よく歌われるおなじみのものです。(参考資料: The Cyber Hymnal)
1
いのちとひかり たもう(かみ)よ、
そのみ(めぐ)みは かぎりもなし。
すべてのものを (まも)()らし
(きよ)(あい)もて ()たしたまえ。

2
むすぶ()()を (しゅ)よ、(しゅく)して
ふたりの(こころ) ひとつとなし、
ともに家庭(かてい)を (きず)(ちか)い、
まこととなして (みちび)きませ。

3
(あい)のみ(かみ)よ、()旅路(たびじ)
(たす)()いつつ たどるまにも、
(よろこ)びみつる (かみ)(くに)
()まうそなえを なさせたまえ。

O Love divine and golden,
Mysterious depth and height,
To Thee the world beholden,
Looks up for life and light;
O Love divine and gentle,
The blesser and the blest,
Beneath Thy care parental
The world lies down in rest.

O Love divine and tender,
That through our homes dost move,
Veiled in the softened splendor
O holy household love,
A throne without Thy blessing
Were labor without rest,
And cottages possessing
Thy blessedness are blest.

God bless these hands united;
God bless these hearts made one!
Unsevered and unblighted
May they through life go on,
Here in earth’s home preparing
For the bright home above,
And there forever sharing
Its joy where “God is Love.


        BACKHOME