讃美歌21 111 信じて仰ぎみる                    
葬儀でよく歌われる讃美歌です。 表題のとおり、神を信じ、
はるか天国を仰ぎて、との天に召された故人への思いと信仰が歌われます。
1
(しん)じて(あお)ぎみる はるかなるふるさと、
(しゅ)(そな)えたまいし 永遠(えいえん)住居(すまい)あり。

(くりかえし)
やがてわれも (かがや)御国(みくに)にて
(きよ)(たみ)と (とも)にみ(まえ)()たん。

2
(しゅ)(あい)わきあふれ、祝福身(しゅくふくみ)(あま)る。
()ぎにしわが日々(ひび)は すべて(しゅ)のあわれみ。

3
(なや)みも(かな)しみも ことごとく()えゆき、
わが(むね)()つるは (かみ)(たま)平和(へいわ)

4
(めぐ)みに感謝(かんしゃ)し、み()をほめたたえて、
(くに)()()にも (こえ)(かぎ)(うた)わん。
   
                                                      
BACKHOME