讃美歌21 128 悪は罪人の
ジュネーブ詩編歌(Genevan Psalter)のひとつです。ジュネーブ詩編歌は宗教改革者J.カルヴァンが礼拝で会衆が母国語で歌えるようにと、聖書のみことばである150の詩編全部を歌えるようにしたもので、その124からなる旋律は詩編歌旋律と呼ばれています。
1
(あく)罪人(つみびと)
(こころ)にささやき、
(つみ)にいざなう。
(しゅ)への(おそ)れなく、
おのれを(いつわ)
悪事(あくじ)(かく)す。
()きことをきらい、
いつわりを(かた)り、
(ひと)をあざむく。
夜昼(よるひる)()わず
よこしまを(はか)り、
()ずることなし。
  
2
(しゅ)のいつくしみは
(てん)にまでおよび、
(かぎ)りもあらず。
(かみ)()(たか)
(やま)のごとそびえ
(さば)きは(ふか)し。
(ひと)(けもの)とを
(すく)(しゅ)(あい)
いかに(とうと)き。
御翼(みつばさ)(かげ)
(のが)れきたる(ひと)
(めぐ)みにうるおう。
3    
(いのち)(いずみ)
(めぐ)みの(ひかり)は、
(しゅ)(とも)にあり。
(かみ)()(もの)に、
(つね)にいつくしみ
ほどこしたまえ。
われを()(もの)
(あし)()、とどめて
(すく)わせたまえ。
()よ、()しき(もの)
(たお)()()して
()つことあらず。

BACKHOME