讃美歌21 148 全地よ、主に向かい
      Awake, my soul, and with the sun
ジュネーブ詩編歌(Genevan Psalter)のひとつです。ジュネーブ詩編歌は宗教改革者J.カルヴァンが礼拝で会衆が母国語で歌えるようにと、聖書のみことばである150の詩編全部を歌えるようにしたもので、その124からなる旋律は詩編歌旋律(以降旋律と略称)と呼ばれています。

旋律は24番と同じ、Old 100thです。他の詩編とも組み合わせられることもありますが、現在、一般的に組み合わされるのは英国国教会の司祭トーマス・ケン(Thomas Ken)の作詞(1674年)による原文詞(Praise God, from Whom all blessings flow)で「頌栄」(Doxology)として知られています。 実は24番はこの148番の最後の部分(頌栄)なのです。

Kenは既成教会が聖書の言葉のみが讃美歌として、とくに詩編に力点をおいて歌われるべきと信じていた頃、この詞を著しました。 教会音楽のために(聖句以外で)詞をつくることは罪であり、冒瀆と考える人々さえいたのです。 かかる風潮下、Kenはこの詞や他にいくつかの詞をウインチェスター大の学生たちのために作成しましたが、それらは個人のデボーションのため、もっぱら自分の部屋でのみ使用するよう堅く学生たちに命じのでした。 しかし、皮肉なことに、最後の節は頌栄として広く使用されるようになりました。 おそらくは公の礼拝でもっとも多く使用されるものでしょう。 Kenの意思により、彼の葬儀はこの詞にふさわしく夜明けに行われ、そしてこの讃美歌が歌われました。
                                                                                                                             (The Cyber Hymnailより。管理者訳)
1
全地(ぜんち)よ、(しゅ)()かい 歓喜(かんき)(こえ)あげよ。
よろこびの(うた)を (しゅ)にたずさえゆけ。

2
(つく)られし(もの)は ()れ、(しゅ)こそ(かみ)
われらは(しゅ)のもの、(しゅ)のひつじの()れ。

3
感謝(かんしゃ)(うた)うたい (すす)め、(しゅ)(もん)に。
()をほめうたい、(しゅ)(にわ)(はい)れ。

4
みめぐみは(ふか)く あわれみはとわに
()わらぬ真実(まこと)は 代々(よよ)にゆるぎない。

(頌栄)
たたえよ、(しゅ)(たみ)、みつかいと(とも)
(めぐ)みにあふれる (ちち)()聖霊(せいれい)を。

Awake, my soul, and with the sun
Thy daily stage of duty run;
Shake off dull sloth, and joyful rise,
To pay thy morning sacrifice.

Thy precious time misspent, redeem,
Each present day thy last esteem,
Improve thy talent with due care;
For the great day thyself prepare.

By influence of the Light divine
Let thy own light to others shine.
Reflect all Heaven’s propitious ways
In ardent love, and cheerful praise.

In conversation be sincere;
Keep conscience as the noontide clear;
Think how all seeing God thy ways
And all thy secret thoughts surveys.

Wake, and lift up thyself, my heart,
And with the angels bear thy part,
Who all night long unwearied sing
High praise to the eternal King.

All praise to Thee, who safe has kept
And hast refreshed me while I slept
Grant, Lord, when I from death shall wake
I may of endless light partake.

Heav’n is, dear Lord, where’er Thou art,
O never then from me depart;
For to my soul ’tis hell to be
But for one moment void of Thee.

Lord, I my vows to Thee renew;
Disperse my sins as morning dew.
Guard my first springs of thought and will,
And with Thyself my spirit fill.

Direct, control, suggest, this day,
All I design, or do, or say,
That all my powers, with all their might,
In Thy sole glory may unite.

I would not wake nor rise again
And Heaven itself I would disdain,
Wert Thou not there to be enjoyed,
And I in hymns to be employed.

Praise God, from Whom all blessings flow;
Praise Him, all creatures here below;
Praise Him above, ye heavenly host;
Praise Father, Son, and Holy Ghost.

                                                                                   BACKHOME