讃美歌21 192 主イェス・キリストはわれらの道
Thou art the Way
作詞者George Washington Doane(1799-1859)はユニオン・カレッジ(Union College)を卒業後、ニューヨークのトリニティ・チャーチの副牧師に就任。その後、コネティカット州ハートフォードのトリニティ・カレッジで修辞学および文学の教授を務めたあと、マサチューセッツ州ボストンのトリニティ・チャーチで教区牧師、ニュージャージーの監督教会の主教等を歴任。バーリントン・カレッジやセントメアリー・ホール・ドーンアカデミーの設立にも貢献しました。彼が弱冠25歳のときに"Songs by the Way, 1824"を世に問い、詩人・讃美歌作者としてのたぐまれな才能を証明することになりました。(出典:The Cyber Hymnal およびChristian Classics Ethereal Library)

(しゅ)イェス・キリストは われらの(みち)
(つみ)びとを(ちち)へ みちびく(みち)

2
(しゅ)イェス・キリストは (かみ)真理(しんり)
(ひと)となりましし (かみ)言葉(ことば)

3
(しゅ)イェス・キリストは 永遠(とわ)のいのち、
()をうちやぶりて 勝利(しょうり)(たま)う。

4
(しゅ)こそは(みち)なり、(しゅ)こそ真理(しんり)
(しゅ)こそいのちなり、わが(よろこ)び。





                                     BACKHOME

Thou art the Way: to Thee alone
From sin and death we flee;
And he who would the Father seek
Must seek Him, Lord, by Thee.

Thou art the Truth: Thy Word alone
True wisdom can impart;
Thou only canst inform the mind,
And purify the heart.

Thou art the Life: the rending tomb
Proclaims Thy conquering arm,
And those who put their trust in Thee
Nor death nor hell shall harm.

Thou art the Way, the Truth, the Life;
Grant us that Way to know,
That Truth to keep, that Life to win,
Whose joys eternal flow.

.