讃美歌21 200 小さいひつじが
The Good Shepherd
歌詞の内容は群れからはぐれた小羊が、やさしい羊飼い(イェス様)に見出され、抱かれて帰る場面です。作詞者のアルバート・ミドレーン(Albert Midlane,1825-1909)はもともとビジネスマンでしたがサンデー・スクールの先生を務め、詩を書く機会に導かれ、生涯に300もの讃美歌詞を著しました。讃美歌集は以下のようなものがあります。

・Poetry Addressed to Sabbath School Teachers, 1844
・Vecta Garland, 1850
・Leaves from Olivet, 1864
・Gospel Echoes, 1865
・Above the Bright Blue Sky, 1867
・Early Lispings, 1880

                                                          (出典:The Cybe Hymnal)

(ちい)さいひつじが いえをはなれ、
ある()とおくへ あそびにいき、
(はな)さく()はらの おもしろさに、
かえるみちさえ わすれました。

2
けれどもやがて よるになると、
あたりはくらく さびしくなり、
うちがこいしく ひつじはいま、
(こえ)もかなしく ないています。

3
なさけのふかい ひつじかいは、
このこひつじの あとをたずね、
とおくのやまやま たにそこまで、
まいごのひつじを さがしました。

4
とうとうやさしい ひつじかいは、
まいごのひつじを みつけました。
だかれてかえる このひつじは、
よろこばしさに おどりました。
Afar on the mountain the Shepherd
Is seeking the lost ones to save;
Oh, flee to the arms of His mercy,
For thee His life freely He gave.

Refrain:
Then come, wanderer, come,
The gate is wide open for thee;
Borne safe from all harm
On the Shepherd's strong arm,
A rock and a refuge is He.

Though far from the fold thou hast wandered
In byways of sorrow and sin,
Fear not, He is the Shepherd that is calling,
He is longing to welcome thee in.

Though darkness and danger assail thee
On deserts so dreary and cold,
The light of His presence will guide thee
Safe into the sheltering fold.

There in the green pastures He'd give thee
A place of sweet comfort and rest;
Beside the still waters He'd lead thee
Till safe in the home of the blest.

    
  

BACKHOME