讃美歌21 210 来る朝ごとに
New every morning is the love
作詞者のジョン・キーブル(1792-1866)はオックスフォード大学で優秀な学業を修めたあと英国国教会の司祭となり、その後、1831年、オックスフォード大学の詩学講座を担当する教授となりました。(この講座は1708年に開設され、大学評議会の選挙によって選ばれ,任期は5年。毎学期1度の講義を行い,その内容は単行本として刊行されるのが慣例で学者のほか詩人が選任(M.アーノルド,W.H.オーデンら)されることも多く,学界で独自の役割を果しました。)   さらにジョン・キーブルはオックスフォードで起こった英国国教会(High Church)の教理、すなわち英国国教会内に教会主義・祭司主義・典礼主義を復興させようとする、いわゆるオックスフォード運動の指導者の一人でもありました。     (出典:The Cyberhymnal、ブリタニカ百科事典、研究者大英和辞典)

()(あさ)ごとに 朝日(あさひ)とともに、
(かみ)(ひかり)を (こころ)にうけて、
みいつくしみを あらたにさとる。

2
()(あさ)ごとに 言葉(ことば)とわざを
きよめわかちて みまえにささげん。
ただみさかえを (しめ)させたまえ。

3
()(あさ)ごとに (つみ)きよめられ、
ただひたすらに (ひと)(あい)して、
(かみ)(ちか)づく (あゆ)みをつづけん。

4
()(あさ)ごとに ささぐる(いの)
今日(きょう)のひと()を (ただ)しく(あゆ)み、
きよきやすみに いたらせたまえ。







          
              

New every morning is the love
Our wakening and uprising prove;
Through sleep and darkness safely brought,
Restored to life and power and thought.

New mercies, each returning day,
Hover around us while we pray;
New perils past, new sins forgiven,
New thoughts of God, new hopes of heaven.

If, on our daily course, our mind
Be set to hallow all we find,
New treasures still, of countless price,
God will provide for sacrifice.

Old friends, old scenes, will lovelier be,
As more of heaven in each we see;
Some softening gleam of love and prayer
Shall dawn on every cross and care.

We need not bid, for cloistered cell,
Our neighbor and our words farewell,
Nor strive to find ourselves too high
For sinful man beneath the sky.

The trivial round, the common task,
Will furnish all we ought to ask;
Room to deny ourselves, a road
To bring us daily nearer God.

Seek we no more; content with these,
Let present rapture, comfort, ease—
As heaven shall bid them, come and go:
The secret this of rest below.

Only, O Lord, in Thy dear love,
Fit us for perfect rest above,
And help us, this and every day,
To live more nearly as we pray.

BACKHOME