讃美歌21 219 夕日落ちて
Now the day is over
この詩は箴言3章24節に基づくものと言われています。作詞者のサバイン・ベアリング・グールド(Sabine Baring-Gould 1834-1924)は英国国教会の司祭で、讃美歌作者であるとともにヴィクトリア朝時代の作家にして民謡収集家であり、かつ折衷派学者でもありました。彼の最も有名な讃美歌としては"Onward, Christian Soliders"が挙げられています。(参照文献:English Wikipedia on 24-Jul-2004:讃美歌21略解-日本基督教団讃美歌委員会編)

夕日落(ゆうひお)ちて 空暗(そらくら)く、
(とり)()へと (かえ)るころ、
(ほし)はさめて (はな)ねむり、
今日(きょう)()りて (よる)()ぬ。

2
イェスよ、こよい ()もすがら
みふところに やすませて、
かがやかしき み姿(すがた)
()させたまえ、夢路(ゆめじ)にも。


3
波路(なみじ)かよう 舟人(ふなびと)も、
()(なや)める 旅人(たびびと)も、
()ざすかたへ ともないて
()かせたまえ、やすらかに。

4
(くら)(よる)は み使(つか)いの
つばさをもて おおいつつ、
みむねにそう ものとして
さましたまえ、わが(かみ)よ。



Now the day is over,
Night is drawing nigh,
Shadows of the evening
Steal across the sky.

Now the darkness gathers,
Stars begin to peep,
Birds, and beasts and flowers
Soon will be asleep.

Jesus, give the weary
Calm and sweet repose;
With Thy tenderest blessing
May mine eyelids close.

Grant to little children
Visions bright of Thee;
Guard the sailors tossing
On the deep, blue sea.

Comfort those who suffer,
Watching late in pain;
Those who plan some evil
From their sin restrain.

Through the long night watches
May Thine angels spread
Their white wings above me,
Watching round my bed.

When the morning wakens,
Then may I arise
Pure, and fresh, and sinless
In Thy holy eyes.

Glory to the Father,
Glory to the Son,
And to Thee, blest Spirit,
While all ages run.

  BACKHOME