讃美歌21 234 ヨルダンの岸で
On Jordan’s bank the Baptist’s cry
主を待ち望むアドヴェントの讃美歌です。 作詞者チャールズ・コフィン(Charles Coffin--1676-1749)はボーヴェ大学の学長を勤めた後、パリ大学の学長となりましたが ラテン詩や100以上の讃美歌を著しました。 この讃美歌はその内の一つです。 この讃美歌にある「ヨルダンの岸で 洗礼者叫ぶ」とある洗礼者は洗礼者ヨハネのことです。(参照:The Cyber Hymnal)
1
ヨルダンの(きし)で 洗礼者叫(せんれいしゃさけ)
目覚(めざ)めてよく()け、(しゅ)がすぐこられる。

2
(いま)(つみ)()いて (こころ)きよめられ
キリスト(むか)える (みち)(ととの)えよ」。

3
(しゅ)イェスの(めぐ)みが なければ(わたし)
(はな)のようにしぼみ、(くさ)のように()れる。

4
(しゅ)よ、み()をのばし (わたし)(ささ)えて
世界(せかい)(めぐ)みで ()たしてください。

5
自由(じゆう)をもたらす み()をほめうたおう、
(ちち)なる(かみ)と 聖霊(せいれい)とともに。



On Jordan’s bank the Baptist’s cry
Announces that the Lord is nigh;
Come, then, and hearken, for he brings
Glad tidings from the King of kings!

Then cleansed be every breast from sin;
Make straight the way for God within;
Prepare we in our hearts a home,
Where such a mighty Guest may come.

For Thou art our Salvation, Lord,
Our Refuge, and our great Reward.
Without Thy grace our souls must fade
And wither like a flower decayed.

Stretch forth Thine hand, to heal our sore,
And make us rise and fall no more;
Once more upon Thy people shine,
And fill the world with love divine.

To Him Who left the throne of Heaven
To save mankind, all praise be given;
Like praise be to the Father done,
And Holy Spirit, Three in One.

 BACKHOME