讃美歌21 239 王なるキリストは
The King shall come when morning dawns
アドヴェントの讃美歌で、アイルランドの曲です。ギリシャ語で著された歌詞の作者は不明で、ジョン・ブランリー(John Brownlie--1857-1925)により、英語に翻訳され、ロシア教会讃美歌1907の中に収められているものです。ジョン・ブランリーは彼の出身校であるグラスゴー大学より讃美歌学の功績により1908年名誉神学博士号を授与されています。(The Cyber Hymnalより)

(おう)なるキリストは ()たりたもう、
あしたの(ひかり)が ()らすときに。

2
この()でたたかい ()にしイェスは、
さかえに(かがや)く (かんむり)()く。

3
勝利者(しょうりしゃ)キリストは ()たりたもう、
()()ちやぶりし いのちの(しゅ)は。

4
朝日(あさひ)にまさりて (かがや)(しゅ)
(かお)を み(たみ)は ()して(あお)ぐ。

5
(しゅ)なるキリストよ、(きみ)(きみ)よ、
(はや)()たまえと われら(いの)る。

The King shall come when morning dawns,
And light triumphant breaks;
When beauty gilds the eastern hills,
And life to joy awakes.

Not as of old a little child
To bear, and fight, and die,
But crowned with glory like the sun
That lights the morning sky.

O brighter than the rising morn
When He, victorious, rose,
And left the lonesome place of death,
Despite the rage of foes.

O brighter than that glorious morn
Shall this fair morning be,
When Christ, our King, in beauty comes,
And we His face shall see.

The King shall come when morning dawns,
And earth’s dark night is past;
O haste the rising of that morn,
The day that aye shall last.

And let the endless bliss begin,
By weary saints foretold,
When right shall triumph over wrong,
And truth shall be extolled.

The King shall come when morning dawns,
And light and beauty brings:
Hail, Christ the Lord! Thy people pray,
Come quickly, King of kings.

BACKHOME