讃美歌21  249 おさなご 主イェスよ
              
O Jesulein süss, O Jesulein mild 
ドイツのクリスマス会衆賛歌です。作詞は修辞学者ヴァレンティン・ティロ(Valentin Thilo)で、彼はケーニッヒベルク大学の哲学部長に5回、さらに学長に2回選出されています。ケーニッヒベルク詩人協会のメンバーでもありました。彼の讃美歌のほとんどは教会暦上の祝祭日のために書かれました。(The Cyber Hymnalより)
1  
おさなご (しゅ)イェスよ。
みむねにしたがい (ともに)()きるため
(まず)しい姿(すがた)で この()()られた。

2
おさなご (しゅ)イェスよ。
(ちち)(いか)りを しずめてわれらに
(つみ)のあがないと (めぐ)みをもたらす。

3
おさなご (しゅ)イェスよ。
この()()られて、(かな)しみの(なか)
(くる)しむわれらを なぐさめはげます。

4
おさなご (しゅ)イェスよ。
あなたを(あい)する (あい)()をともし
われらの(よわ)さを (つよ)めてください。

5
おさなご (しゅ)イェスよ。
みむねを(おこな)う (ちから)(あた)えて
(したが)うわれらと ならせてください。

O Jesulein süss, O Jesulein mild,
Des Vaters Will’n hast Du erfüllt,
Bist kommen aus dem Himmelreich,
Uns armen Menschen worden gleich,
O Jesulein süss, O Jesulein mild.

O Jesulein süss, O Jesulein mild,
Des Vaters Zorn hast Du gestillt,
Du zählst für uns all uns’re Schuld,
Und schaffst uns Deines Vaters Huld,
O Jesulein süss, O Jesulein mild.

O Jesulein süss, O Jesulein mild,
Du bist der Lieb’ ein Ebenbild,
Zünd an ins uns der Liebe Flamm,
Dass wir Dich lieben allsusamm,
O Jesulein süss, O Jesulein mild.

BACKHOME