讃美歌21 257 目覚めよ、高く歌え
CHRISTIANS, AWAKE, SALUTE THE HAPPY MORN
美しい旋律のクリスマスキャロルです。 詞の内容にもクリスマスの喜びがあふれています。み子ご降誕の知らせ、天使の歌声、羊飼いの喜び、馬槽に眠るみ子、クリスマス・ストーリーが凝縮されています。 作詞者であるJohn Byrom何人かの子どもがいましたが、中でもお気に入りは娘のドリーでした。1745年のクリスマスシーズン、ドリーと戯れたのち、彼はクリスマスのために、ほかの誰かでもなく、ただドリーために何か書いてあげようと約束しました。喜んだドリーはクリスマスの日が近づくにつれ、毎日約束を父に確かめるのでした。 さて、いよいよクリスマスの朝、ドリーは朝の食卓にかけつけてみるといくつかのプレゼントがドリーを待ち構えていましたが、その中に父の肉筆でドリーあての封筒を見つけました。彼女にとっては封筒を開くなんてことははじめてのことでした。大喜びしたことに、それがこのクリスマスキャロルでした。表題は「ドリーのクリスマス--Christmas Day for Dolly」と書かれていました。 この詞は翌1746年の「Harrop's Manchester Mercury」に発表されました。(The Cyber Hymnalより)
1
目覚(めざ)めよ、(たか)(うた)え、()(すく)(ぬし)、イェスを。
(つた)えよ、天使(てんし)たちと この(よろこ)びの()らせ。
今日(きょう)(かみ)(ひと)として この世界(せかい)()られた」。

2
()()羊飼(ひつじか)いは 天使(てんし)()らせを()いた。
世界(せかい)(たみ)(すべ)て (すく)うとの約束(やくそく)
今日(きょう)(かみ)()たされた。 (すく)いの(しゅ)()まれた。

3
(すく)いの(かみ)(わざ)を (こころ)(ふか)(きざ)もう。
(まず)しい馬小屋(うまごや)から (くる)しみの十字架(じゅうじか)へ、(あゆ)まれた(しゅ)のあとを たどり()こう、われらも。

4
ハレルヤ! 天使(てんし)たちの歌声(うたごえ)ひびきわたる。
「いとたかきところには み(さか)えは(かみ)にあれ。
()平和(へいわ)、みこころにかなう(ひと)びとにあれ」。
                                

Christians, awake, salute the happy morn
Whereon the Savior of the world was born.
Rise to adore the mystery of love
Which hosts of angels chanted from above,
With them the joyful tidings first begun
Of God incarnate and the virgin’s Son.

Then to the watchful shepherds it was told,
Who heard th’angelic herald’s voice, “Behold,
I bring good tidings of a Savior’s birth
To you and all the nations of the earth;
This day hath God fulfilled His promised Word;
This day is born a Savior, Christ the Lord.”

He spoke; and straightaway the celestial choir
In hymns of joy, unknown before, conspire;
The praises of redeeming love they sang,
And Heav’n’s whole orb with alleluias rang.
God’s highest glory was their anthem still,
Peace on the earth and unto men good will.

To Bethl’hem straight th’enlightened shepherds ran
To see the wonder God had wrought for man
And found, with Joseph and the blessèd maid,
Her Son, the Savior, in a manger laid;
Then to their flocks, still praising God, return,
And their glad hearts with holy rapture burn.

Like Mary let us ponder in our mind
God’s wondrous love in saving lost mankind!
Trace we the Babe, who hath retrieved our loss,
From His poor manger to His bitter cross,
Tread in His steps, assisted by His grace,
Till man’s first heav’nly state again takes place.

Then may we hope, th’angelic hosts among,
To sing, redeemed, a glad triumphal song.
He that was born upon this joyful day
Around us all His glory shall display.
Saved by His love, incessantly we sing
Eternal praise to Heav’n’s almighty King.

                                                               BACKHOME