讃美歌21 284 荒れ野の中で
マタイによる福音書4章1節〜11節にある、イエスが悪魔から誘惑を受けるため、霊に導かれて荒野を40日40夜さまよわれる場面を描写した讃美歌です。作詞者のGeorge Hunt Smyttan(1822-1870)はケンブリッジの*Corpus Christi Collegeを卒業後、イングランド北部の州都ノッティンガムシャーにあるホークスワースで教区司祭として奉仕しました。 (The Cyberhymnalより)
                                               *Corpus Christiは直訳するとキリストのみ(からだ))
1
()()(なか)で ()えに(くる)しみ
(しゅ)誘惑(ゆうわく)を お()けになった。

2
この(しゅ)(つづ)き われらも(とも)
(いの)りたやさず (したが)(あゆ)もう。

3
わが()(みち)の (くら)(とき)にも
(しゅ)よ、()(さき)を ()らしてください。

4
(しゅ)は、()()() (あゆ)むわれらと
(とも)におられる、勝利(しょうり)()まで。
             

Forty days and forty nights
Thou wast fasting in the wild;
Forty days and forty nights
Tempted, and yet undefiled.

Sunbeams scorching all the day;
Chilly dew-drops nightly shed;
Prowling beasts about Thy way;
Stones Thy pillow; earth Thy bed.

Should not we Thy sorrow share
And from worldly joys abstain,
Fasting with unceasing prayer,
Strong with Thee to suffer pain?

Then if Satan on us press,
Jesus, Savior, hear our call!
Victor in the wilderness,
Grant we may not faint nor fall!

So shall we have peace divine:
Holier gladness ours shall be;
Round us, too, shall angels shine,
Such as ministered to Thee.

Keep, O keep us, Savior dear,
Ever constant by Thy side;
That with Thee we may appear
At the eternal Eastertide.

                                                BACKHOME