讃美歌21 288 恵みにかがやき

(めぐ)みにかがやき (あい)にかおる
わが(しゅ)のみあとの うるわしさよ。


この()のうれいも、ひとの(つみ)も、
しのびてその()に ()いたまえり。


十字架(じゅうじか)につけよと (いか)りさけぶ
(てき)をもゆるしし ()(あい)よ。


あざけり(うけ)けつつ ()むるものを
ゆるししみこころ たぐいもなし。


わが(しゅ)のみこころ こころとなし、
(てき)をさえ(とも)と ()させたまえ。
      
BACK HOME