讃美歌21 296 いのちのいのちよ

l
いのちのいのちよ、()()なる(しゅ)よ。
(しゅ)イェスはわがため いのちを()てて
破滅(はめつ)(なか)より われらをあがなう。
感謝(かんしゃ)ささげよう、(あい)するイェスに。

2
あざけり、中傷(ちゅうしょう)鞭打(むちう)ち、つばき
あらゆる(くる)しみ み()()えられ
(あく)(くさり)より われら()(はな)つ。
感謝(かんしゃ)ささげよう、(あい)するイェスに。

3
わが(いた)みをとり (やまい)をにない
()らしめ()けた(しゅ) 平和(へいわ)(あた)える。
(しゅ)のみ(きず)により われらいやされる。
感謝(かんしゃ)ささげよう、(あい)するイェスに。

4
(いばら)(かんむり) (しゅ)はかぶせられ
あざけり()けつつ (くる)しみに()
栄光(えいこう)(かんむり) われらに(あた)える。
感謝(かんしゃ)ささげよう、(あい)するイェスに。

5
(しゅ)のへりくだりは おごりを(くだ)
(しゅ)のみ(くる)しみは (よろこ)びとなる。
(しゅ)()はわが()の (おそ)()(のぞ)く。
感謝(かんしゃ)ささげよう、(あい)するイェスに。

6
われらのかわりに ()けた(くる)しみ
(いた)みとおののき むごい()()も、
その十字架(じゅうじか)()も みなわれらのため。
感謝(かんしゃ)ささげよう、(あい)するイェスに。
                                                                              BACKHOME