讃美歌21 298 ああ主は誰がため
l
ああ(しゅ)()がため ()にくだりて、
かくまでなやみを うけたまえる。

2
わがため 十字架(じゅうじか)に なやみたもう
こよなきみ(めぐ)み はかりがたし。

3
(しゅ)(ひと)(つみ)(おい)いたまえば、
()()もかくれて (やみ)となりぬ。

4
十字架(じゅうじか)のみもとに こころせまり、
(なみだ)にむせびて ただひれ()す。

5
なみだも(めぐ)みに むくいがたし、
この()をささぐる ほかはあらじ。
BACKHOME