讃美歌21 300 十字架のもとに
l
十字架(じゅうじか)のもとに われは(のが)れ、
重荷(おもに)をおろして しばし(いこ)う。
あらしふく(とき)の いわおのかげ、
()()(なか)なる わが(かく)()

2
十字架(じゅうじか)(うえ)に われはあおぐ、
わがため(なや)める (かみ)のみ()を。
たえにも(とうと)き (かみ)(あい)よ、
はかりも()られぬ (ひと)(つみ)よ。

3
十字架(じゅうじか)のかげに われは()ちて、
(かお)のひかりを たえず(もと)めん。
この()のものみな ()ゆるときも
くすしく(かがや)く そのひかりを。
BACKHOME