讃美歌21 303 丘の上の主の十字架
1
(おか)(うえ)の (しゅ)十字架(じゅうじか)
(くる)しみのしるしよ。
ひとの(つみ)を (しゅ)()()
(あた)えたもう、いのちを。

 (くりかえし) 
()(さか)え うちすて
十字架(じゅうじか)にすがりて
ひとすじにわれゆかん、
(すく)いに()るまで。

2
()(ひと)びと あざけるとも
十字架(じゅうじか)はしたわし、
子羊(こひつじ)なる (かみ)のみ()
(くる)しみを(おも)えば。

3
あらけずりの (しゅ)十字架(じゅうじか)
かぎりなくとうとし。
われを(ゆる)し、きよくするは
ただ(しゅ)()しおのみ。

4
(なや)みも()も なにかはあらん、
(くる)しみもいとわじ。
さかえの(あさ) ()ちわびつつ
にないゆかん、十字架(じゅうじか)を。

BACKHOME