讃美歌21 328 ハレルヤ、ハレルヤ
                         (たたかいは終わり)
イースターでよく歌われる有名なラテン語詞の讃美歌のひとつです。「ハレルヤ」、「ハレルヤ」を繰り返し、死に勝利された復活の主を喜びとともに力強く称えています。この曲の内容は簡潔で信仰の真髄そのものです。西神戸教会でも本年(2008年)のイースタにこの曲を賛美しました。
ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤ!

1
たたかいは()わり (しゅ)()()たれた。
(しゅ)をほえたたえよ、ハレルヤ!

2
(しゅ)(てき)(やぶ)り ()(いま)(ほろ)びた。
(たか)らかに(うた)え、ハレルヤ!

3
永遠(えいえん)のいのち われらにくださる
(しゅ)()(つた)えよ、ハレルヤ!

4
すべての(さか)えは よみがえりの(しゅ)に。
よろこびたたえよ、ハレルヤ!

ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤ!

BACKHOME