讃美歌21 361 この世はみな
This is my Father’s world
大変有名な讃美歌のひとつです。作詞者バブコック(Maltbie Davenport Babcock(1858-1901))はシラキュース大学とオーバーン神学校に学びましたが。 スポーツ能力や音楽の才に恵まれていました。野球チームを率い、優れた投手であり、水泳も得意でした。いろいろな楽器を操り、学校のオーケストラを指揮し、オルガンを演奏、作曲もしました。もし彼が神学を選択しなければプロの演奏家になったであろうといわれています。
ニューヨーク州ロックポートの第一長老教会で牧会をはじめ、28歳でメアリランド州ボルティモアのブラウン・メモリアル教会に招聘され、名門ジョンズ・ホプキンス大学(アメリカの大学院大学の先駆、1997年学生数14700名)の学生カウンセリングもよく行いました。彼の名声が広がるにつれアメリカ全土のいろいろな大学で説教を要請されるようになりました。バブコックは偉大な神学者や思想家ではありませんでしたが、信仰的で倫理的な事実を生き生きと効果的に伝える才能がありました。機敏な心、博識、雄弁さに加えて人を惹きつける魅力がありました。
ボルティモアでの14年間の生活の後、かの有名な英文学者で牧師でもあり、オランダやルクセンブルクでのアメリカ大使を歴任したヘンリー・バン・ダイク(Henry Jackson Van Dyke)の引退に伴い、ニューヨーク市ブリック長老教会(the Brick Presbyterian Church in New York City)の名誉ある牧師に招聘されましたが、そのわずか18ヶ月後にブルセラ症(熱病の一種)のため天国に旅立ちました。
バブコックの生存中、彼の著作は刊行されませんでしたが、妻のキャサリンが彼の著作の多くを発行しました。彼の詩集にはこの有名な"This is my Father's World"が含まれています。(The Cyber Hymnalより:ほかにブリタニカ国際大百科事典を参照)

1
この()はみな (かみ)世界(せかい)
あめつちすべてが (うた)()わす。
(いわ)木々(きぎ)も (そら)(うみ)
(かみ)のみわざを ほめたたえる。


2
この()はみな (かみ)世界(せかい)
(とり)()(はな)()(しゅ)をたたえる。
朝日(あさひ)夕日(ゆうひ) (そら)()えて
(かみ)のみわざを (かた)()げる。


3
この()はみな (かみ)世界(せかい)
悪魔(あくま)(ちから)が ()()ちても、
わが(こころ)に (まよ)いはなし。
(しゅ)こそがこの()(おさ)められる。
 


            
This is my Father’s world, and to my listening ears
All nature sings, and round me rings the music of the spheres.
This is my Father’s world: I rest me in the thought
Of rocks and trees, of skies and seas;
His hand the wonders wrought.

This is my Father’s world, the birds their carols raise,
The morning light, the lily white, declare their Maker’s praise.
This is my Father’s world: He shines in all that’s fair;
In the rustling grass I hear Him pass;
He speaks to me everywhere.

This is my Father’s world. O let me ne’er forget
That though the wrong seems oft so strong, God is the ruler yet.
This is my Father’s world: the battle is not done:
Jesus Who died shall be satisfied,
And earth and Heav’n be one.

This is my Father’s world, dreaming, I see His face.
I ope my eyes, and in glad surprise cry, “The Lord is in this place.”
This is my Father’s world, from the shining courts above,
The Beloved One, His Only Son,
Came—a pledge of deathless love.

This is my Father’s world, should my heart be ever sad?
The lord is King—let the heavens ring. God reigns—let the earth be glad.
This is my Father’s world. Now closer to Heaven bound,
For dear to God is the earth Christ trod.
No place but is holy ground.

This is my Father’s world. I walk a desert lone.
In a bush ablaze to my wondering gaze God makes His glory known.
This is my Father’s world, a wanderer I may roam
Whate’er my lot, it matters not,
My heart is still at home.

                                                BACKHOME