讃美歌21 400 たとえ塔は崩れ

1
たとえ(とう)(くず)瓦礫(がれき)となるとも、
(しゅ)教会(きょうかい)から (かね)はなお(ひび)く。
(いこ)いを(もと)めて (なや)(もの)すべて
ここへ(まね)かれる。

2
(ひと)()(つく)建物(たてもの)()まず、
全能(ぜんのう)(かみ)(てん)におられても、
われらを(あい)して 聖霊(せいれい)をおくり、
(とも)()まわれる。



3
(かみ)(いえ)のため われらも(えら)ぱれ、
()きた(いし)として (しゅ)(もち)いられる。
二人、三人(ふたり、さんにん)が (とも)(つど)うとき、
(しゅ)イェスもおられる。
4
(かね)()(とも)に この()(あつ)まり、
みことばを()けて (つく)りかえられる。
(かみ)(たみ)はみな キリストにおいて
一つとなる、アーメン。

BACKHOME