讃美歌21 402 いともとうとき
I love to tell the story
作詞者アブラベーラ・キャサリン・ハンキー(Abrabella Katherine Hankey--1834-1911)は英国ミドルセックス州の銀行家の娘として生まれ、奴隷制度の廃止を唱えた福音主義のクラパム派に属していました。また10代の頃日曜学校(教会学校)で少女たちの教師となっていました。やがて南アフリカに行き看護婦(看護士)となり、病弱の兄弟を助けました。30代で重篤な病にかかり、回復への長い道のりの過程でイエスについ長い詞を著しましたが、50節にも及ぶ最初の部分はイエスについての質問で後半はその答えです。この讃美歌はこの詞から出ています。(The Cyber Hymnalより)
1
いともとうとき イェスの(めぐ)
(つみ)()にたる ()をも()かす。
(しゅ)よりたまわる (てん)(かて)
(うえ)えしこころも いまは()ちぬ。

(くりかえし)
()にあるかぎり、(しゅ)のみ(さか)えと
いつくしみとを (かた)(つた)えん。

2
(すく)いの(めぐ)み ()ぐるわれは
(よろこ)びあふれ (うた)とぞなる。
(ほろ)びを()でし この()らせを、
あまねく(ひと)に (かた)(つた)えん。

3
(かた)()くせぬ イェスの(めぐ)
いとも(ちい)さき われをも()し、
(てん)世嗣(よつぎ)と なしたまえば、
たれか()るべき (しゅ)(すく)いに。
              
I love to tell the story of unseen things above,
Of Jesus and His glory, of Jesus and His love.
I love to tell the story, because I know ’tis true;
It satisfies my longings as nothing else can do.

Refrain

I love to tell the story, ’twill be my theme in glory,
To tell the old, old story of Jesus and His love.

I love to tell the story; more wonderful it seems
Than all the golden fancies of all our golden dreams.
I love to tell the story, it did so much for me;
And that is just the reason I tell it now to thee.

Refrain

I love to tell the story; ’tis pleasant to repeat
What seems, each time I tell it, more wonderfully sweet.
I love to tell the story, for some have never heard
The message of salvation from God’s own holy Word.

Refrain

I love to tell the story, for those who know it best
Seem hungering and thirsting to hear it like the rest.
And when, in scenes of glory, I sing the new, new song,
’Twill be the old, old story that I have loved so long.

Refrain

                                                BACKHOME