讃美歌21 404 あまつましみず
1
あまつましみず ながれきて、
あまねく()をぞ うるおせる。
ながくかわきし わがたましいも、
くみていのちに かえりけり。

2
あまつましみず ()むままに、
かわきを()らぬ ()となりぬ。
つきぬめぐみは こころのうちに、
いずみとなりて ()きあふる。

3.あまつましみず うけずして、
つみに()れたる ひとくさの
さかえの(はな)は いかで()くべき、.
そそげ、いのちの ましみずを。

BACKHOME