讃美歌21 436 十字架の血に
この美しい讃美歌はリヴァイヴァル讃美歌のひとつで、アメリカやイギリスではよく招きの讃美歌(神様からのみ招きに対する会衆からの賛美による応答--invitation hymn)として使われます。作詞・作曲者であるルイス・ハーサフ(Lewis Hartsough--1828-1919)はアメリカ合衆国ニューヨーク州メソヂスト監督教会のケイゼノヴィア・セミナリーを1852年に卒業後、翌年メデヂストの牧師に任ぜられました。1868年頃健康上の理由によりユタミッションの監督者となり、後にはワイオミング地区のエルダーに、さらに同じ頃ジョセフ・ヒルマン「リヴァイヴァリスト(Revivalist)」の音楽編集者になりました。1871年、アイオワ州エプワースのメソヂスト教会牧師となり、1895年67歳で隠退しました。
1
十字架(じゅうじか)()に (すく)いあれば、
()たれ」との(こえ)を われはきけり。

(くりかえし)
(しゅ)よ、われは いまぞゆく、
十字架(じゅうじか)()にて きよめたまえ。

2
よわきわれも みちからを()
この()(けが)れを みな(ぬぐ)われん。

3
まごころもて せつにいのる。
(こころ)()つるは (しゅ)のみめぐみ。

4
ほむべきかな わが(しゅ)(あい)
ああ、ほむべきかな わが(しゅ)(あい)
             
I hear Thy welcome voice
That calls me, Lord, to Thee,
For cleansing in Thy precious blood
That flowed on Calvary.

Refrain

I am coming Lord!
Coming now to Thee!
Wash me, cleanse me in the blood
That flowed on Calvary!

Refrain

Though coming weak and vile,
Thou dost my strength assure;
Thou dost my vileness fully cleanse,
Till spotless all, and pure.

Refrain

’Tis Jesus calls me on
To perfect faith and love,
To perfect hope and peace and trust,
For earth and Heav’n above.

Refrain

’Tis Jesus Who confirms
The blessèd work within,
By adding grace to welcomed grace,
Where reigned the power of sin.

Refrain

And He the witness gives
To loyal hearts and free
That every promise is fulfilled,
If faith but brings the plea.

Refrain

All hail! atoning blood!
All hail! redeeming grace!
All hail! the gift of Christ our Lord,
Our Strength and Righteousness.

Refrain


                                                                BACKHOME