讃美歌21 442 はかりも知れない
作詞はかの有名なジョン・ウエスレーの弟でともにメソジスト運動に携わったチャールズ・ウエズレー(1707-1788)によるものです。彼は生涯6000もの讃美歌を作詞しました。
1
はかりも()れない (かみ)(めぐ)みよ
(わたし)(つみ)も ゆるされるのか。

2
今日(きょう)まで(なが)く (まね)きを(こば)
(かお)()けて (あゆ)(つづ)けた。

3
十字架(じゅうじか)(うえ)で (てき)をゆるした
(しゅ)イェスのみ()を (けが)しつづけた。

4
()(きず)しめし み(うで)をひろげ、
(まよ)(わたし)に (しゅ)()びかける。

5
(ふか)(めぐ)みに こころも(とけ)けて、
()いて(なみだ)し み(うで)にすがる。

BACKHOME