讃美歌21 456 わが魂を愛するイェスよ
作詞はかの有名なジョン・ウエスレーの弟でともにメソジスト運動に携わったチャールズ・ウエズレー(1707-1788)によるものです。彼は生涯6000もの讃美歌を作詞しました。

わが魂(たましい)
 (あい)するイェスよ、
(なみ)はさかまき (かぜ)ふきあれて、
(しず)むばかりの わが()(まも)り、
(あめ)(みなと)に みちびきたまえ。


われには(ほか)の かくれがあらず。
ゆきなやむ()を み(こころ)にとめ、
たよるものなき わが(たましい)
つばさのかげに やどらせたまえ。


(しゅ)()にたより すべてをゆだねん。
(つみ)のこの()を あわれみたまえ
(よわ)きをささえ (こころ)をいやし
(めぐ)みとまこと ()ちさせたまえ。


(しゅ)こそ()きぬ いのちの(いずみ)
たえず(わき)いで こころにあふれ、
われをうるおし、 (かわ)きをどどめ、
とこしえまでも やすきを(たま)え。

BACKHOME