讃美歌21 460 やさしき道しるべの
Lead, kindly Light amid the encircling gloom
作詞者John Henry Newman(1801-1890)はオックスフォード・トリニティカレッジを卒業、1824年、英国国教会の聖職者となり、その後、英国国教会にカトリック教会の伝統、特に礼典、儀式、教会権威への服従を重んじる高教会(High Church)の教理を取り入れようとするオックスフォード運動のリーダーとなりましたが、遂にはカトリックに転じ、1879年にはローマカトリック教会の枢機卿となりました。なお、この讃美歌は1933年1月7日、米国マサチューセッツ州ノーサンプトン・エドワーズ組合教会におけるアメリカ第30代大統領カルヴァン・クーリッジの葬儀でも歌われました。(出典:The Cyber Hymnal、ランダムハウス英和大辞典)

やさしき(みち)しるべの (ひかり)よ、
家路(いえじ)はなおも(とお)く ()()れ、
さびしくさすらう()
()くてを ()らしたまえ。

2
()くすえ(とお)()るを (ねが)わず
よろめくわが(あゆ)みを (まも)りて
ひと(あし) またひと(あし)(みちび)き ()かせたまえ。

3
()(さか)えとちからを よろこび、
(ほこ)らかにわが(みち)を (いそ)ぎて、
むなしく(すご)ごしし()
わが(しゅ)よ、(わす)れたまえ。


4
(めぐ)みたしかなれば、(いま)なお
わが(しゅ)(みちび)きたもう 旅路(たびじ)を、
(くに)(あさ) あけ(はじ)
(かお)を (あお)()まで。

5
使(つか)いらとみ(まえ)に ()つとき、
しばしの(わか)れをさえ なげきし
(あい)するものの笑顔(えがお)
ふたたび ()ううれしさ。

  

Lead, kindly Light, amid th’encircling gloom, lead Thou me on!
The night is dark, and I am far from home; lead Thou me on!
Keep Thou my feet; I do not ask to see
The distant scene; one step enough for me.

I was not ever thus, nor prayed that Thou shouldst lead me on;
I loved to choose and see my path; but now lead Thou me on!
I loved the garish day, and, spite of fears,
Pride ruled my will. Remember not past years!

So long Thy power hath blest me, sure it still will lead me on.
O’er moor and fen, o’er crag and torrent, till the night is gone,
And with the morn those angel faces smile, which I
Have loved long since, and lost awhile!

Meantime, along the narrow rugged path, Thyself hast trod,
Lead, Savior, lead me home in childlike faith, home to my God.
To rest forever after earthly strife
In the calm light of everlasting life.

BACKHOME