讃美歌21 465 神ともにいまして

1
(かみ)ともにいまして
ゆく(みち)をまもり、
()ごとの(かて)もて
つねに(ささ)えたまえ。

(くりかえし)
また()()まで、
また()()まで、
(かみ)のめぐみ
たえせず(とも)にあれ。

2
()()をゆくときも、
あらし()くときも、
ゆくてをしめして
(みち)きたまえ、(しゅ)よ。

3
(くに)()()まで
いつくしみひろき
みつばさのかげに
はぐくみたまえ、(しゅ)よ。
            

BACKHOME