讃美歌21 483 わが主イェスよ、ひたすら

作詞者であるElizabeth P. Prentiss(1818-1878)は1856年、38歳のとき、病気療養中にこの詞を書きましたが、13年間手許にとどめていました。その13年後、この作品を夫に見せたところ、夫はぜひ公けにするようにと薦めてくれました。作曲者のWilliam H. Doane (1832-1915)が、その作品を知り、その翌年の1870年に作曲をしました。
(The Cyber Hymnal http://www.cyberhymnal.org/index.htm#lk  より引用:管理人訳)
1
わが(しゅ)イェスよ、ひたすら
いのりもとむ (あい)をば
()させたまえ (しゅ)(あい)する
(あい)をば、(あい)をば。

2
()のよろこび たのしみ
もとめたりし ()なれど
(いま)はねがう (しゅ)(あい)する
(あい)をば、(あい)をば

3
きたれ、きたれ、くるしみ、
()きなやみも いとわじ。
いさみうたわん (しゅ)(あい)する
(あい)をば、(あい)をば

4
いまわの(いき) かすかに
のこるときも (あい)をば
()させたまえ (しゅ)(あい)する
(あい)をば、(あい)をば

More love to thee, O Christ

More love to Thee, O Christ, more love to Thee!
Hear Thou the prayer I make on bended knee.
This is my earnest plea: More love, O Christ, to Thee;
More love to Thee, more love to Thee!

Once earthly joy I craved, sought peace and rest;
Now Thee alone I seek, give what is best.
This all my prayer shall be: More love, O Christ to Thee;
More love to Thee, more love to Thee!

Let sorrow do its work, come grief or pain;
Sweet are Thy messengers, sweet their refrain,
When they can sing with me: More love, O Christ, to Thee;
More love to Thee, more love to Thee!

Then shall my latest breath whisper Thy praise;
This be the parting cry my heart shall raise;
This still its prayer shall be: More love, O Christ to Thee;
More love to Thee, more love to Thee!

BACKHOME