讃美歌21 495 しずけき祈りの
1
しずけき(いの)りの ときはいとたのし。
なやみある()より われを()びいだし、
(かみ)のもとへと すべての(ねが)いを
たずさえいたりて つぶさに()げしむ

2
しずけき(いの)りの ときはいとたのし。
さまよいいでたる われを()(かえ)し、
あやうき(みち)より ともない(かえ)りて、
こころむるものの (わな)をのがれしむ。

3
しずけき(いの)りの ときはいとたのし。
そびゆるピスガの (やま)のたかねより
ふるさとながめて のぼりゆく()まで、
なぐさめをあたえ、よろこびをみたす。

BACKHOME