讃美歌21 496 しずけき夕べの



しずけき(ゆう)べの しらべによせて
(うた)わせたまえ、(ちち)なる(かみ)よ。

2
()かげも(やす)ろう (ゆう)べとはなりぬ。
()にぞゆだねん きょう()きしたねを。

3
()ごとわがなす (あい)のわざをも、
ひとに()らさず、かくしたまえや。



4
(とり)はねぐらに、ひとは家路(いえじ)に、
(かえ)(ゆう)べこそ いとしずかなれ。

5
(かみ)よ、この()の 旅路(たびじ)おわらば、
わがふるさとに (いこ)わせたまえ。

  
BACKHOME