讃美歌21 530 主よ、こころみ
In the hour of trial
作詞者であるスコットランドのジェームズ・モンゴメリー(James Montgomery, 1771-1854)は生涯400もの讃美歌を著しています。1833年から王室より200ポンドの年金が与えられています。(The Cyber Hymnalより)

(しゅ)よ、こころみ うくるおり、
いのりたまえ わがために。
こころおそれ (まよ)うときも、
あいのみかお ()けたまえ。

2
()
のたからは ()をうばい、
()のほまれが さそうとき、
十字架(じゅうじか)(しゅ)の みくるしみを
しめしたまえ わがむねに。

3
わずらわしき ()のわざに、
やるせもなき かなしみに、
なおひそめる いつくしみを
()させたまえ あやまたず。

4
(ちり)より()る このわが()
(ちり)にかえる そのときも、
(しゅ)よ、御顔(みかお)を あおぎ()つつ
ゆかせたまえ みもとへと。

                   


In the hour of trial, Jesus, plead for me,
Lest by base denial I depart from Thee.
When Thou seest me waver, with a look recall,
Nor for fear or favor suffer me to fall.

With forbidden pleasures would this vain world charm,
Or its sordid treasures spread to work me harm,
Bring to my remembrance sad Gethsemane,
Or, in darker semblance, cross-crowned Calvary.

Should Thy mercy send me sorrow, toil and woe,
Or should pain attend me on my path below,
Grant that I may never fail Thy hand to see;
Grant that I may ever cast my care on Thee.

When my last hour cometh, fraught with strife and pain,
When my dust returneth to the dust again,
On Thy truth relying, through that mortal strife,
Jesus, take me, dying, to eternal life.


BACKHOME