讃美歌21 567 ナルドの香油
Master, no offering costly and sweet
作詞、作曲とも米国コネティカット州ハートフォード南組合教会の牧師やコネティカット州議会つきチャプレンを務めたエドウィン・パーカー(Edwin Pond Parker, 1836-1920)です。かれは説教を閉じるにあっての讃美歌としてこれを作りました。 その他、讃美歌作品としては組合教会讃美歌(the Congregational Book of Praise, 1874)や下記のような作品が残されています。(The Cyber Hymnalより)

•Song Flowers for the Sunday School, 1866
•Sunday School Songs, 1869
•Sunday School Hymnal, 1880
•Christian Hymnal, 1877 (co-edito--共著)



ナルドの香油(こうゆ) そそいで
(しゅ)(つか)えた マリアを
(おも)いおこし、(わたし)(あい)
ささげます、(しゅ)イェスよ。

2
(よわ)(ひと)(ちから)を、
(くら)()には (ひかり)を、
わけあうため この(わたし)
ささげます、(しゅ)イェスよ。





3
(なげ)(ひと)に (のぞ)みを
(なみだ)()に 平和(へいわ)
()げるために この(わたし)
ささげます、(しゅ)イェスよ。

4
この()のわざ ()たして
(しゅ)のみもとに (かえ)()
平和(へいわ)のうちに (しゅ)よ、(わたし)
()()れてください。

     


Master, no offering costly and sweet,
May we, like Magdalene, lay at Thy feet;
Yet may love’s incense rise, sweeter than sacrifice,
Dear Lord to Thee, dear Lord to Thee.

Daily our lives would show weakness made strong,
Toilsome and gloomy ways brightened by song;
Some deeds of kindness done, some souls by patience won,
Dear Lord to Thee, dear Lord to Thee.

Some word of hope for hearts burdened with fears,
Some balm of peace for eyes blinded with tears,
Some dews of mercy shed, some wayward footsteps led,
Dear Lord to Thee, dear Lord to Thee.

Thus, in Thy service, Lord, till eventide
Closes the day of life may we abide;
And when earth’s labors cease, bid us depart in peace,
Dear Lord to Thee, dear Lord to Thee.

BACKHOME